サイトメニュー

高級時計 本物vsコピー その1

高級時計 本物vsコピー その2

お客様からのメッセージ

モバイル

売れ筋ランキング

  • No.3 タグ・ホイヤー グランドカレラ クロノグラフ RS CAV511A.BA0902 「タグ・ホイヤー グランドカレラ クロノグラフ RS」は、3時位置と9時位置に、"ローテイティング・システム(RS)"を配し、それぞれ、スモールセコンドとクロノグラフ30分計を表示し、6時位置には、手作業で植字された日付窓が配置されています。 645,840円
  • No.4 タグ・ホイヤー リンク クロノグラフ CJ1110.BA0576 リンクシリーズは、過去20年以上の間、そのデザインによってスポーツとプレステージの完璧なハーモニーを体現してきました。そのアーキテクチャーは、コントラストとピュアなラインが、スチールのパワーと美を余すところなく表現しています。 267,840円

Feed

高級時計の使い方 ねじ込み式リューズについて

ロレックス社が開発したこのねじ込み式リュウズ。高価なダイバーズタイプの腕時計ならばこのリューズを採用してるといっても過言ではありません。

私も手に入れたときに、そのまま引き出そうとして失敗し、どうやって時刻やカレンダーをあわすのか分からなかった経験がございます。

近所にあります”某”デパートのタグホイヤー取扱店に持ち込んでブレスレットの調整を頼んだついでに、時計売り場の店員さんに、この、ねじ込み式リューズの使い方を聞いて使い方を理解しました。

ご存知の方に取りましては常識でしょうが、あまりご存知ない方もいらっしゃるようなので、ちと解説します。

リューズというとこの部分です。無理やり引き出そうとしてはいけません。

時計内部の浸水の原因は、大抵がこのリュウズからの浸水です。

気密性の高いダブルセイフティガスケットを内蔵するとともに、確実にロックするためにねじ込み式の構造になっているそうです。

なので、無理やり引き出そうとすれば壊れてしまい高価な修理代がかかることになります。

それと、ナナメに力がかかりますとやはり、リュウズが壊れる可能性もあるので、リュウズを操作するときは時計を腕から外し下記のようにするといいでしょう。


まず、ねじを外す要領で、リュウズを左に廻します。

どんどん廻していきますと、下記のように......↓



リュウズが浮いてきます。

この状況で、1段引くとカレンダー調整ができます。


カレンダー調整をするときの注意点ですが、

午後8時から午前4時の間に時計の針がある場合、日付盤とそれを送る部品がかみ合う状態になっているため、

この時刻に日付を調整すると時計が破損する場合があるので注意が必要です。

カレンダーを調整する場合は、時計の時刻をこのngゾーン午後8時から午前4時の間)から外しておいて行いましょう。

さらに2段目まで引きますと時刻調整できます。このときに秒針は止まります。


時刻調整時の注意点ですが、逆回しは故障の原因になりますので、面倒でも運針方向に廻して調整しましょう。

日付、時刻の調整が終わりますと、下記のように......↓

リュウズを 押し込みながら右にねじを廻すようにして 確実に締めましましょう。

ここが浮いていると、内部に水分が浸入する原因になります。